再生可能エネルギー|設備の省エネはビル管理にとって大切|コスト削減にも繋がるから必要

設備の省エネはビル管理にとって大切|コスト削減にも繋がるから必要

男性

再生可能エネルギー

工場

バイオマスとは

再生可能エネルギーとは石油や石炭などの限りあるエネルギーではなく、太陽光や太陽熱、またバイオマスなどを含めた永続的に利用することができるエネルギーのことです。バイオマス発電は、動植物などから生まれた生物資源を燃焼したりガス化することで発電を行うというもので、生物資源は時間が経てば再生することができます。これによって永続的にエネルギーを手に入れることができるというものです。現在のバイオマス発電では山間部では樹木が使われていますが、家畜排泄物や農作物の廃材を発酵させるなどしてガスを発生させ、それらを燃焼して使用するというものです。燃焼をすることでCO2は排出されますが、特に植物に関しては成長段階でCO2を吸収しているためCO2が増えるといったこともないのがメリットといえます。

収益性

バイオマス発電は、事業として見た場合には以前はそれほど魅力的なものではありませんでした。特にバイオマス発電が注目されたのはCO2の削減目標というものがあったためです。しかし、バイオマス発電は現在では魅力的な事業に生まれ変わっています。ひとつは、再生可能エネルギー固定価格買取制度があるためです。これは再生可能エネルギーによって発電した電気は電力会社が一定期間は固定価格での買取が行われるというものです。これによって投資した金額を安定して回収することが可能です。また木質バイオマスでは廃材の有効活用先として魅力がありますし、また発酵させてガスを取り出す方法もより効率化できれば材料コストを抑えることができます。